皮膚科に頼らない!本気ではじめるニキビケア
トップページ > ニキビケア化粧品のレビュー > ビーグレンのニキビケアは効果ある?実際に使ってみました

ビーグレンのニキビケアは効果ある?実際に使ってみました

 
ビーグレン ニキビケア
 

ビーグレンのニキビケアって少し高いイメージがあり、これまで興味があったものの、購入までには至りませんでした。
 

でもトライアルセットなら安いし、一週間程度は使えるようなので「使用感を試す程度なら」と軽い気持ちで購入しました。
 

購入したのは箱に赤いラインが入った「ニキビケア トライアルセット 」です。
 

ネットから注文すると3日後には自宅に届きました。注文したときはちょうどヤマト運輸の配達時間見直しが行われた直後で、もう少し掛かるかと思っていましたが、案外早かったです。
 

早速箱を開けて中身を見てみると、入っていたのは四種類のアイテム(洗顔料・化粧水・美容液・クリーム)と冊子のみ。
 

商品を手に取ったときは正直「小さっ!」って呟いてしまいました。
 

サンプルサイズなので当然なのですが、価格を考えるともう少し大きくてもいい気がします。
 

クレイウォッシュ(洗顔料)を試してみる

 
ビーグレン クレイウオッシュ
 
まず最初に洗顔料であるクレイウォッシュを手に取って感触を確かめます。
 

クレイ=泥ということで「どんな感触なんだろう?ニオイは?」と気になっていたのですが、想像と違ってニオイはなく、感触も泡立ちがない洗顔フォームといった印象。
 

手のひらで泡立てを試みても全く泡立つことはありませんでしたが、泥のチカラで汚れを吸着するのでこれで大丈夫なのだそう。
 

確かに洗い流したあとの肌はスベスベ感があって、汚れが落ちたというより、肌が蘇った感覚があります。
 

クレイローション(化粧水)を試してみる

 
ビーグレン クレイローション
 
ビーグレンは化粧水にもクレイが含まれています。
 

手に取るまでは「ドロっとした化粧水が出てくるのでは?」と思っていいましたが、思いのほかサラサラで透明な液体が出てきてビックリしました。
 

ニオイを嗅いでみると少し甘い薬品っぽいニオイがありますが、特に気になるレベルではありません。
肌に馴染ませるとスーッと浸透していき、肌の潤い感がアップした感覚です。
 

使ってみると「クレイはどこに?」という感覚で、クレイの粒子や感触を感じることはありません。
 

Cセラム(美容液)を試してみる

 
ビーグレン Cセラム
 
ビーグレンのアイテムの中でも人気が高いCセラム(美容液)。
 

ビーグレンの洗顔と化粧水が「クレイ」という特色を持っているのに対し、このCセラムは「つけた瞬間温まる」という温感が特色です。
 

つけたときの感触は美容液というより、マッサージオイルに近い印象。馴染ませると「じわっ」と温かい感触があるとともに、柑橘系にも似たビタミンの香りが広がります。
 

最初はベタつきが心配になるくらいオイリーな感触でしたが、馴染ませていくうちにオイルっぽさがなくなりました。
 

モイスチャーゲルクリーム(保湿ゲル)を試してみる

 
ビーグレン モイスチャーゲルクリーム
 
保湿ゲルとなっていますが、使った感覚としては乳液とクリームの中間のイメージです。
 

手に伸ばしてみると伸びがよく、ニオイがビーグレンのアイテムの中では一番あります。
 

ビーグレンを実際に使ってみた感想

 
ビーグレン
 
今回はトライアルセットだったので約一週間の使用でしたが、ビーグレンならではの品質の良さは随所に感じることができました。
 

ニキビに関しては使用期間が短すぎて変化なしというのが正直なところ。
 

やはり、ニキビケアとして使うには最低二ヶ月は使わないと分からない部分が多いです。
 
関連情報:プロアクティブを実際に二ヶ月使ったレビューはこちら
 

それでもビーグレンのつけ心地やニオイ、使ったあとの肌の感触など確認できたことはたくさんあります。
 

トライアルセットでニキビが改善することはなくても、商品を購入する前のチェックとしては充分ではないかと思います。