本気ではじめるニキビケア
トップページ > ニキビケア > ニキビ跡が消えるまでの期間は?スキンケアは効果あり?

ニキビ跡が消えるまでの期間は?スキンケアは効果あり?

 
psub17
 
ようやくニキビが完治したのに、シミのような目立つ跡ができてしまった! その正体は、ニキビの炎症が肌に残ってできるニキビ跡です。ニキビの炎症により肌の深い部分まで傷つくことが原因でできるニキビ跡は、ニキビそのものよりも治りが遅いので厄介です。
 
ニキビ跡には、赤や茶色に色素沈着していたりクレーターのように皮膚表面がボコボコしていたりと、炎症の深さや傷つき方によって種類も多くあります。特にクレーターのようなニキビ跡は傷が深くまで達しているため、スキンケアを行っても完治させることは難しいのが現実です。
 

白ニキビや黒ニキビなど、皮膚表面の表皮でおこる炎症を起こしていないニキビなら、皮膚の持つ自己治癒力でキレイに治ることがほとんどです。しかし毛穴の奥でアクネ菌が繁殖し炎症を起こしてしまうと、表皮の下にある真皮までが傷つき、色素沈着やクレーターなどのニキビ跡が残ることが。
さらに、真皮の下にある皮下組織まで炎症が及んでしまうと、クレーター状のニキビ跡やしこり状のニキビ跡が残ることが多くなってきます。
ニキビ跡を残さず治すためには、まず早い段階で炎症をおさえ、適切な処置をすることが大切です。炎症を起こしているニキビを自分でつぶすのはもってのほか。炎症がひどいようなら皮膚科を受診して、抗生剤を処方してもらうのが一番です。

引用:跡を残さないニキビの治し方&ニキビ跡改善ケア | 摩耶堂製薬
 
 

大切なのはニキビ跡が残らないように、日々のスキンケアで対策を取ることです。過度な油分はニキビを悪化させてしまいますが、潤いのある柔らかな肌を保たなければニキビ跡が残る危険があります。
 
関連記事:黄ニキビはニキビ跡になりやすい?原因と対策とは
 
 

ニキビ跡のタイプ別ケア方法

 
ニキビ跡は種類によりケア方法が異なります。そこで、できてしまったニキビ跡のタイプ別にケア方法を紹介します。
 

【痛々しい赤みタイプ 】
このタイプは赤ニキビと間違われやすいですが、大きな違いはニキビ跡のほうが治る期間が長いことです。 赤みタイプは数年我慢すれば自然と消えるニキビ跡ですが、できるだけ早く治したいですよね。
 
赤みタイプのニキビ跡の治療において、最も気を付けるべきなのは「紫外線」です。肌に紫外線を浴びると「活性酸素」が発生します。この活性酸素が、ニキビの原因であるアクネ菌と同時に周りの細胞まで傷つけてしまうことでニキビ跡ができるので日焼けは最大の敵なのです。また、ビタミンCは活性酸素を無害化することができるので、ビタミンCを含むスキンケア用品もおススメです。

 
 

【茶色いシミタイプ】
ニキビの炎症で肌に色素沈着してしまったニキビ跡です。赤ニキビ跡と同じく数年放置すれば消えることもありますが、多くの場合はケアをしなければ残ってしまいます。茶色いニキビ跡にも日焼けは大敵なので、しっかり紫外線対策をしましょう。
 
このタイプは肌自身に茶色いシミができたようなものなので、正常な肌のターンオーバーを促し、色素沈着している部分を肌の外に排出するのが効果的です。また、美白化粧品も色素沈着した肌の再生に有効です。

 

【クレータータイプ】
皮膚表面が月面のクレーターようにデコボコしているニキビ跡です。ニキビの炎症が肌の真皮層まで達して通常のターンオーバーが行えない状態です。
 
このニキビ跡の自然治癒は不可能に近く、スキンケアを使っても治りにくいので少しずつ目立たなくしていくことを目標に治療していきます。

 
 

ニキビ跡がスキンケアで消えるまでの期間

 
ニキビ跡を消そうとスキンケアを行っていてもなかなか消えず、
「本当にスキンケアで消えるの?」
「どれくらいの期間で消えるのか」
と思う方も多いでしょう。
 
実はニキビ跡が残った場合、スキンケアで消すことができるのは「赤みが残るタイプ」と「茶色いシミタイプ」です。
 
まず、「赤みが残るタイプ」のニキビ跡は皮膚内部にニキビによる炎症が残っているケースと、ニキビを潰したり、触ったりして内部でうっ血した跡が残っているケースが考えられます。
 
次に、「茶色いシミタイプ」のニキビ跡は炎症性色素沈着と呼ばれ、ケガや虫刺されの跡が残るのと同じ仕組みのいわゆる傷跡のようなものです。
 

ニキビや傷、虫刺され、かぶれ、湿疹、やけどなどの炎症が原因でシミ(色素沈着)が発生することがあります。黄色人種である日本人は、黒色メラニンが多いため、炎症後色素沈着が目立ちやすいと言われています。
肌に炎症が起きたとき、黒色メラニンを作り出すメラノサイトが刺激されて黒色メラニンが生成されます。その黒色メラニンが正常に排出されず、肌に残ってしまったものがシミとなってあらわれます。一般に、肌の炎症が治まって赤みがひいた後にシミがあらわれます。
ニキビを潰した跡はシミになることが多く、紫外線にあたると色素沈着をおこしやすいので注意が必要です。

引用:炎症後色素沈着 – シミの種類 | ハイチオール【エスエス製薬】
 
これらのニキビ跡は、基本的には肌が新しく生まれ変わるタイミングで自然に消えます。
 
軽い擦り傷が治ったあと、直後は傷跡が残っていても、時間の経過とともに薄くなり消えた経験がある人は多いでしょう。
 
しかし、何らかの原因で肌のターンオーバーがうまく機能していない場合、新しい皮膚生まれ変わることができず、ニキビ跡は消えることなく残ってしまいます。
 
 

ニキビ跡を早く消すには肌のターンオーバーを正常にすること

 
早くニキビ跡を消すためには、肌のターンオーバーを正常に機能させることが重要なポイントになります。
 
肌のターンオーバーを正常に機能させるには、普段の生活の中でターンオーバーを乱さない生活を心掛けることです。
 
ターンオーバーを乱す要因はいくつもあり、「これをやれば正常になる!」という方法はありませんが、基本的にはは以下のようなポイントが挙げられます。
 

睡眠時間をしっかりとる

 
睡眠と肌が密接な関係にあることは今さら言うまでもありませんが、睡眠不足は肌のターンオーバーを乱す大きな要因となります。
 
これは人の肌は寝ている間にターンオーバーが行われているためで、就寝してから3時間は特に活発に行われています。
 
この作業には最短でも6時間掛かると言われており、それより睡眠時間が短くなるとターンオーバーが乱れやすいと言われています。
 
 

ストレスをためない

 
ストレスと聞くと「精神的なもの」と捉えてしまいがちですが、実は肌とも密接な関係にあります。
 
例えば「緊張からお腹が痛くなった」ということがあるように、精神状態の乱れは身体のどこかに不調が現れるもの。
 
これと同じように「ストレスから肌のターンオーバーが乱れる」という人も多いのです。
 
 

食生活の乱れに注意する

 
食生活の乱れも注意すべきポイントです。外食が続いたり、揚げ物や肉ばかり食べるなど偏った食生活は厳禁。
 
皮膚を修復してターンオーバーを促進しくれるビタミンA(緑黄色野菜・レバーなど)、皮膚を育てるビタミンB(大豆・卵・マグロなど)、抗酸化作用のあるビタミンC(キウイ、アセロラ、ブロッコリーなど)、
肌の代謝アップさせる亜鉛(牡蠣・サバ・豚肉など)を積極的に取り入れ、バランスの良い食生活を心掛けましょう。
 
関連記事:コンビニ食はニキビになりやすい?
 
 

飲酒や喫煙は控える

 
適度な飲酒は体にいいと言われますが、適量を超えた飲酒は睡眠の質を下げ、水分も奪われるため肌にとって良くありません。
 
喫煙は体内のビタミンCを奪ってしまうだけでなく、有害物質を多く含んでいるため、本数に関係なく肌に悪影響を及ぼします。
 
 

よく読まれている記事

プロアクティブの効果と口コミ