本気ではじめるニキビケア
トップページ > ニキビケア > 黒ニキビの予防とケア方法

黒ニキビの予防とケア方法

 

 
psub31
 

顔の目立つ部分にホクロのような黒ずみやブツブツできてしまった。 それはニキビの一種「黒ニキビ」です。黒ずみを取りたくても余計に毛穴が開いてしまったり、 ファンデーションが溜ってしまって嫌ですよね。
 

ニキビといえば白いポッチリや赤みのあるものが一般的ですが、なぜ黒ニキビは黒ずむのでしょうか。 その原因は、毛穴に溜った汚れや角質が毛穴の外にはみ出すことで空気に触れて酸化し黒くなるためです。
 

毛穴に汚れや角質が溜り炎症を起こすメカニズムは白ニキビと同じですが、大きな違いは毛穴の入り口が閉じているか開いているかです。 黒ニキビの原因の多くは皮脂の過剰な分泌と乾燥の併発なので、しっかりと潤いを補給することも大切です。

 
 

黒ニキビに効果的なある洗顔方法とは?

psub11

 
黒ニキビができると目立ってしまいます。これを早く治したいですよね。そんな時には洗顔前に蒸しタオルを使用するのが効果的です。
 
黒ニキビは毛穴につまった汚れが原因ですので、蒸しタオルを使って毛穴を開き、お肌を柔らかくするのが良いのです。蒸しタオルを顔に乗せる時間は3分ほどで十分です。毛穴の汚れが落ちやすくなったら、洗顔料を泡立ててニキビが気になるところを丁寧に洗いましょう。すすぎ残しがないようにしっかりすすぐことも重要です。
 
ニキビができやすい方の勘違いとして、保湿が関係ないと思っている方が多いです。しかし、これは誤りで、保湿もニキビケアに関わりがあります。保湿をしっかりと行うことで、余分な皮脂が分泌されにくくなります。ニキビができにくい肌の環境にすることができます。ですから、洗顔した後は保湿を怠らないようにしましょう。
 
 

ニキビケアと保湿の両方を意識したスキンケア

 
psub44
 
黒ニキビは白ニキビが進化したものなので、ケア方法も白ニキビとあまり変わりません。 正しいお手入れを毎日続けていれば、白ニキビ同様にスキンケアだけで治療することもできます。
 
関連情報:白ニキビの原因と簡単なケア方法
 

過度な洗顔や油分の多いクリームはニキビを悪化させることもあるので、ニキビの炎症を抑え潤いも補給できるニキビケア専用のスキンケアがおススメです。
 

一つニキビが治ると、また新たに発見してしまうのがニキビの嫌なところです。 ニキビ用のスキンケア化粧品にはニキビの改善だけでなく、毛穴詰まりを防ぎ新たなニキビを予防する効果もあります。 ホルモンバランスや生活習慣でニキビができやすくなってしまった肌に、正常なターンオーバーを促し肌質を改善していきます。
 

黒ニキビは押し出したくなりますが、下手にニキビに触ると肌を傷つけてしまい悪化するので触らないようにしましょう。 炎症がひどくなれば治りも遅くなるので、グッとこらえて正しいスキンケアを続けましょう。
 

 

ニキビ対策は生活習慣の改善とスキンケアの見直しが基本

psub45

 
生活習慣の改善とスキンケアの見直しは、全てのニキビに対して共通の対策です。まずは生活習慣ですが、十分な睡眠を取ることです。特に夜10時から深夜2時までしっかりと寝ることと、睡眠不足にならないようにしまよう。また、野菜をふんだんに取り入れた食事にします。脂質や糖質よりもビタミンをたくさん摂るように食生活を見直しましょう。
 
続いてスキンケアの見直しです。皮脂を落とすためにゴシゴシ洗ったり、過剰に洗顔を繰り返すことは、肌にとって良くありません。肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうからです。
 
皮脂がなくなった肌に対して脳は、「皮脂を出せ」という命令を下します。悪循環になってしまうのです。さらに、ニキビの芯を押し出そうとして肌を傷つけてしまう人もいますが、肌にとっては負担でしかありません。黒ニキビの改善方法として良くない行為だと認識してくださいね。
 
 

毛穴パックは肌に悪い!?

 
近年ではドラッグストアや雑貨屋でも売られている、毛穴パック。毛穴の角栓を取り除くための商品ですが、そのメカニズムは角栓を粘着テープで無理やり引っこ抜くものが多いです。
 
当然、これはピンセットや指で角栓を物理的に取り除くことと同義ですから、肌へのダメージは大きいです。
 
見た目は角栓が除かれてきれいに見えるかもしれません。しかし、肌荒れの原因となったり、根本的な解決ではないため、一時的な気休めでしかありません。
 
黒ニキビのケアとして毛穴パックは適切でないものです。よく覚えておきましょう。
 
やってはいけない黒ニキビ対策

毛穴パック 角柱は取れるが、同時に肌を傷めてしまう。
指や爪で角柱を押し出す 雑菌が毛穴に入ってしまい、炎症やニキビの悪化を招く。
洗顔で落とそうとゴシゴシ擦る 肌を傷めたり、乾燥肌の原因になり新しいニキビの原因になる。

 

プロアクティブの3ステップで黒ニキビを予防

 
pac5
 

【角質除去】
黒ニキビの古い角質をソフトスクラブ入りの洗顔料で除去します。 スクラブ洗顔料というと粒子が肌を傷つけてしまうイメージがありますが、プロアクティブの洗顔料に含まれるソフトスクラブは粒子がとても細かく肌に優しいので安心です。

 

【ニキビの炎症を改善】
洗顔で角質や汚れを除去した肌に、ニキビの炎症抑制と保湿効果のあるプロアクティブの薬用美容液を浸透させます。 刺激に敏感なニキビ肌にとって低刺激性というのも嬉しいポイントです。

 

【美白ケアと保湿】
最後に、ビタミンC誘導体配合の薬用クリームで肌を整えます。ビタミンC誘導体には、シミやソバカスを目立たなくする効果もあるのでニキビ跡にも有効です。 クリームは油分の多いものが一般的ですが、プロアクティブの薬用クリームは潤いを補給しつつベタ付かないのか特徴です。

 
関連情報:ニキビ跡にも使えるプロアクティブ+の薬用クリーム
 
プロアクティブの3ステップ全てには、サリチル酸が含まれています。サリチル酸は、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌し炎症を抑える効果と、古い角質を除去し柔らかい肌に導く効果があります。
 
サリチル酸やビタミンC誘導体を含むプロアクティブは、今ある黒ニキビケアはもちろん、ニキビ予防やニキビ跡の改善の効果も期待できます。さらに、美白効果があり使い続けると肌色が明るくなることも人気の理由です。