MENU

ニキビ跡を残さないためのコツ

プロアクティブ+は本当に効果ある?ニキビを防ぐポイントとは

ニキビ跡を残さないためには潰さないこと

プロアクティブ+でニキビ跡を残さない

ちょっと不規則なリズムで生活をすると、すぐに出来てしまうニキビ。 チョコやナッツを食べると出来てしまうなど、食生活の変化が影響するという人もいるほど。

「何とかニキビのないツルツルの肌を保てないものか」とお悩みの方も多いことでしょう。

特にできやすい白ニキビは鏡で見ればすぐに判別できます。 この白ニキビは余分に分泌された皮脂の塊が毛穴に溜まってしまっているのですが、 ついこの白い塊を指や爪で潰して皮脂を出そうとする方がいらっしゃいます。 しかし、この方法は実は肌の健康のためにはやってはならない行為なのです。

人の皮膚にはいくらキレイに洗ったとしても、雑菌が付いているものです。 そんな指や爪で白ニキビを潰してしまうと、その傷口から雑菌が侵入し、余計に症状が悪くなってしまう恐れがあるためです。

このように雑菌によって悪化してしまったニキビは、 時間の経過とともにニキビ本体がキレイになくなっても、ニキビ跡が長く残ってしまうことが多いのです。

ニキビ跡を作らないようにするには、まずニキビを潰す行為を止めることです。 そしてニキビケアは患部を清潔に保つことが基本なので、ニキビとその周りを洗顔や保湿して肌を整えるのが良いでしょう。

ニキビが軽いものであるなら、市販のニキビ薬でも十分に対応できます。 市販薬を患部に塗ったら、その後は触ったりせずに放置しておきましょう。 触ってしまうと雑菌が入ってしまうことがあるからです。

ニキビが大きい場合や市販薬では治りきらない場合には、皮膚科を受診しましょう。 皮膚の治療の専門家に診てもらうのが一番良いです。場合によっては抗生剤や抗炎症剤を処方していただけます。

ニキビ跡ができてしまったら

ニキビ跡ができてしまったら

ニキビ跡ができてしまったときの対処法は、お肌の環境を整えることです。 健康な肌は通常、28日サイクルで新しく生まれ変わっています。 肌の代謝が正常であれば、ニキビ跡も残りにくいというわけです。

この肌の環境をよくするためにしていただきたいのは保湿です。肌が乾燥しないようにしてください。 というのも、肌が乾燥してしまうと角質が厚くなり、古くなった角質によって肌の環境が悪くなってしまうからです。

保湿だけで良くならない場合は、古い角質を落とすために角質ケアを行うのが良いです。 これはプロアクティブ+のスクラブ入り洗顔料でケアすることが出来ます。 マイクロビーズが配合されたプロアクティブ+を使うことで古い角質を除去し、新しい肌に生まれ変わる手助けを行うわけです。

スクラブ洗顔料の中ではプロアクティブの薬用洗顔料はかなりソフトな部類に入ると思います。 それでも「角質を落とそう」とするあまり強く擦ったり、いつもより長い時間洗い続けると肌を傷めます。 スクラブ洗顔を使う時は肌にダメージを与えないように気をつけながら、洗顔後は特にしっかりと肌を保湿しましょう。

ここまでのケアを行ってもニキビ跡が残ってしまった場合は、美白成分を肌に与えましょう。 この美白成分は茶色のニキビ跡の色素沈着を防ぐ成分です。お肌をきれいな状態に戻すことができるのです。


©プロアクティブ+は本当に効果ある?
ニキビを防ぐポイントとは