MENU

プロアクティブ+ フェイスラインのニキビ

フェイスラインにできるニキビの原因は睡眠不足!?

プロアクティブ フェイスラインのニキビ

顎の周りなど、フェイスラインにできるニキビは治りにくくて困りますよね。

フェイスラインのニキビができるのは、ホルモンバランスの乱れが原因のひとつです。ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが乱れると、皮脂が増加しニキビが増えやすくなってしまいます。

特に睡眠は大事です。睡眠不足によって自律神経が乱れ、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。それによって皮脂が増加し、ニキビの原因となるのです。

さらに、睡眠不足だと成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。成長ホルモンは肌のターンオーバーに重要な存在です。 ターンオーバーがうまくいかないと、古い角質がたまってしまい、毛穴が詰まってしまいます。

皮脂の過剰な分泌を抑え、肌のターンオーバーを正常にすることが、フェイスラインのニキビ対策の第一歩。 そのためには、睡眠を十分に取ることと、毛穴詰まりを防ぐためのスキンケアが必要です。

特に「肌のゴールデンタイム」と言われる「夜10時から深夜2時」の間の睡眠が重要です。その時間は成長ホルモンの分泌が活発になるからです。 睡眠不足はホルモンバランスが乱れる原因となるので、結果的にニキビの原因になります。ニキビを治すには肌表面だけではなく、体の中から整えていくことが大切なのです。

乾燥が原因ならスキンケアを見直すべき

フェイスラインニキビ

もうひとつの原因として考えられるのが「肌の乾燥」。 乾燥により肌が本来のバリア機能を果たせず、雑菌や摩擦などの外部からの刺激により炎症を起こしている状態です。

この乾燥によるニキビの場合は、睡眠不足によるニキビとはまったく別の対処法になります。 例えば、過度な洗顔で肌の脂質や常在菌を洗い流してしまうことにより、肌のバリア機能を弱めてしまっている場合は、当然皮膚を乾燥から守ることができません。

フェイスラインニキビを隠すためにマスクをしてしまうことも、繊維の刺激で炎症を悪化させる原因になります。 また、こちらの場合でも油抜きダイエットはフェイスラインニキビを悪化させる原因にもつながります。

改善策としては、プロアクティブ+のように保湿機能の高い基礎化粧品を使って、皮膚を乾燥から守る対策をすることが重要だと思います。 プロアクティブ+はニキビ用のスキンケアということもあり、殺菌作用や消炎作用が優れているイメージがありますが、 実は保湿効果が高い基礎化粧品でもあります。

毎日のスキンケアで肌を乾燥させないように心掛け、少しずつ肌が正常に機能できるようになれば、フェイスラインニキビも自然とできにくくなります。 ご自身に当てはまる項目をしっかり見つけることが、フェイスラインニキビ改善の近道になります。

ユーザーの声 豆乳とプロアクティブ+でフェイスラインのニキビを改善

私は現在アラフォーですが、20代後半くらいの頃急にUゾーンにニキビが多発しました。 皮膚科の薬を塗ったり飲んだりしても一時だけは良くなりますが、薬をやめるとボコボコとニキビができて、それもかなり酷い状態でした。

男性の髭にあたる部分に出来る感じで、10代で出来るニキビとは違いホルモンバランスが関係しているんだと気づきました。 色々と調べてみると、ホルモンバランスを整えるためには大豆製品がいいらしいので、 あまり好きではありませんでしたが、豆乳を毎朝飲んでみる事にしました。

そして豆乳を飲むのと同時に始めたのがプロアクティブ+によるニキビケアです。 正直、最初はニキビケア化粧品の効果をあまり信用していなかったのですが、 よく考えると社会人になってからスキンケアが疎かになっている部分がありました。 そこで毎日続けやすいスキンケアを取り入れるつもりでプロアクティブ+を購入しました。

そうしたら、かなり効果があり驚きました。だいたい1週間くらいで肌質が変わってきたのが分かり、Uゾーンに出来ていた頑固なニキビの赤みが消えていました。 その後も新たにニキビが出来る事はなくなり、1か月もするとニキビはかさぶたになってほとんど目立たなくなっていました。

私には豆乳を毎日飲む事とプロアクティブ+がかなり効果があったらしく、 どちらかひとつをサボったりすると、また以前のようにブツブツとUゾーンにニキビが出来始め慌てました。 それ以降、私の肌には豆乳とプロアクティブ+は欠かせないものとなりました。

ニキビの悩みにプロアクティブ!

3ステップセット(薬用)
プロアクティブ+の3ステップセット
プロアクティブ+公式サイト


©プロアクティブ+の効果を検証
ブラシ付きセットでニキビを防ぐポイント