本気ではじめるニキビケア
トップページ > ニキビケア > フェイスラインのニキビの原因とスキンケア方法

フェイスラインのニキビの原因とスキンケア方法

psub60
 
実は、睡眠不足によってもニキビができるのです。 その実態は、睡眠不足からくるホルモンバランスの乱れが原因の一つだと言われています。 ホルモンバランスが崩れると、皮脂が増えてニキビができやすくなるようです。
 
また、睡眠不足によってできるニキビはフェイスラインにできることが多いです。 ご自身のニキビがフェイスラインに多いようでしたら、睡眠不足が原因かもしれませんね。
 
睡眠不足の状態での皮脂の増加は、自律神経の乱れによって男性ホルモンが多く生産されてしまうことに由来しています。 健康な状態で肌を保つうえで睡眠はとても大事なのです。
 

睡眠不足は体や肌に悪い影響を及ぼします。男性ホルモンの増加だけでなく、成長ホルモンの生産も減らしてしまうのです。
 
これは肌の健康の維持に必要なホルモンです。睡眠不足によって皮脂が作られやすくなると同時に、角質がたまりやすくなってしまうのです。 古い角質で毛穴が詰まってしまうと、肌の環境が良いとは言えません。
 
フェイスラインにできるニキビの対策には睡眠を適切に取ることが望ましいです。
 
睡眠不足を解消し、ホルモンバランスを整えることがニキビケアには大切です。
 
ニキビケアの一環として、ぜひ睡眠を取っていただきたい時間帯があります。
 
それは「夜10時から深夜2時」の「肌のゴールデンタイム」と呼ばれる時間帯です。
 
この時間帯は成長ホルモンの生産が活発化する時間であり、肌の健康を保つために睡眠を取るのが推奨されます。 ニキビができてからケアするのではなく、ニキビができにくい環境を整えるのが重要です。
 

乾燥がニキビの原因ならスキンケアを見直すべき

 
psub54
 
フェイスラインにできるニキビの原因として挙げられるのが「肌の乾燥」です。 これは睡眠不足とは全く違うメカニズムでニキビができてしまいます。
 
肌が乾燥するとバリア機能が失われ、通常では異常が起きない程度の雑菌や摩擦でも炎症が起きてしまいます。 睡眠不足は体の中の異常によりニキビが発生し、乾燥は体の外からの刺激によりニキビが発生します。
 

 
このように睡眠不足によるニキビとはメカニズムが全く違うので、当然対処方法も違います。 乾燥によってできてしまうニキビには保湿が一番効果的です。保湿機能の高いニキビケア化粧品を使用することが良いでしょう。
 
また、肌の乾燥が原因のフェイスラインニキビでは、過度な洗顔で肌にとって必要な脂質や常在菌を洗い流すことや、 マスクをして皮膚を常に刺激してしまうようなことは避けましょう。 また、油抜きダイエットもニキビを治すためには良くありません。
 
フェイスラインのニキビでお悩みの方は、 「肌のゴールデンタイム」にしっかりと睡眠を取り、肌を痛めないタイプのスキンケアで保湿をすることを心がけましょう。 ご自身のニキビの原因を見極めてケアすることが改善につながります。
 

こちらの記事もご覧ください

大人ニキビおすすめランキング
プロアクティブは効果ある?大人ニキビに使った口コミ
リプロスキンの効果は?三ヶ月使った私の口コミ