本気ではじめるニキビケア
トップページ > ニキビケア化粧品のレビュー > プロアクティブ > プロアクティブ+は保湿効果が高い?肌が乾燥するときは?

プロアクティブ+は保湿効果が高い?肌が乾燥するときは?

 

psub03
 
ニキビケアで意外と間違えてしまうのが、皮脂の除去とお肌の乾燥の関係。 ニキビの原因となる皮脂を徹底的に洗い流すことが「良い」と思われることがあります。
 
でも、ある程度の皮脂はバリアとなってお肌の乾燥を防ぐ役割を果たしています。 そのため行き過ぎた洗顔はお肌の乾燥をまねき、ニキビを増やす大きな原因になってしまいます。
 

 
お肌の潤いキープしながらニキビケアを行うためには、 オイリー肌や乾燥肌などそれぞれの肌タイプに合ったケアをする必要があります。
 
嬉しいことに、プロアクティブはオイリー肌でも乾燥肌でも大丈夫。どんな肌タイプにも対応できるニキビケア用品です。 3ステップのニキビケアで使う一つひとつのアイテムに植物由来の保湿成分が配合されていて乾燥を許しません。 ニキビケアの後でも、潤いをしっかりキープしつづけてくれます。
 

プロアクティブにはどんな保湿成分が含まれている?

 
プロアクティブに含まれる保湿成分は、天然由来の植物から抽出した成分が主体となっており、それぞれのアイテムにバランスよく配合されています。
 
●洗顔料
ユキノシタエキス、ブドウエキス、クワエキス、オウゴンエキス
 
●美容液
アロエ液汁、スイカズラエキス
 
●クリーム
ブドウエキス、ユキノシタエキス、オウゴンエキス、クワエキス
 
 

さらに、肌の水分をキープしてくれる「ヒアルロン酸ナトリウム」が洗顔料に含まれているため、洗顔後も肌にしっとり感があります。
 

『ヒアルロン酸(ヒアルロン酸ナトリウム)』は、水を非常に多く保持する能力がある高分子です。元々ヒトのからだにある成分ですが、加齢とともに減少していきます。抜群の保水力で、肌の保湿に効果を発揮します。
肌に直接塗るだけでなく、美容食品などにも使われています。

引用:ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ナトリウム | 美容成分辞典 | 資生堂グループ企業情報サイト
 
 

肌が乾燥するときはプロアクティブの薬用クリームを重ねづけ

 
3ステップセットを使ってスンキンケアを行っても、肌の状態によっては乾燥が気になる場合もあります。そんなときに効果的な方法が、プロアクティブの薬用クリームを重ねづけする方法です。
 
薬用クリームの重ねづけとは、プロアクティブでのスキンケアを規定量を使って行ったあと、最後に薬用クリームをもう一度使います。
 
このとき注意したいのが、顔全体に重ねづけを行うのではなく、乾燥が気になる部分にだけピンポイントで重ねづけしましょう。
 
全体に重ねづけを行うと、肌がベタついたり、テカリの原因になります。
 

乾燥しがちなところには重ねづけします。
・顔全体に均一な量を塗るのではなく、顔全体のうるおい状態を均一にするようにします。
・乾燥しがちなところには、さらに指の腹に適量をとって肌につけ、周りになじませます。

引用:花王株式会社 スキンケアナビ 毎日の基本スキンケア 上手な保湿ケア
 
 

プロアクティブの保湿の順番は?他の化粧品を併用するときはどうする?

 
プロアクティブは基本的に3ステップで完結するため、他のスキンケア化粧品を使う必要はありません。しかし、「もう少し肌を保湿したい」とき、プロアクティブ以外の保湿クリームや乳液を併用したい場合もあると思います。
 
そんなとき「プロアクティブの薬用クリームと他のクリーム、どっちを先に使うべき?」と迷う人が多いですが、この場合はプロアクティブの薬用クリーム→他のクリームの順番で使うようにしましょう。
 
このとき二つのクリームを連続して使うのではなく、プロアクティブの薬用クリームをハンドプレスなどで馴染ませたあとに使いましょう。クリームが肌に浸透する前に続けて使用すると、成分を肌の奥までしっかり届けることができません。
 
また、他のクリームを併用する場合でも、プロアクティブの薬用クリームは必ず使うようにします。3ステップセットはすべてのアイテムを使うことを前提に作られているため、どれかひとつでも欠けてしまうと効果が薄れてしまいます。
 
他の化粧水や美容液を併用する場合も同様に、必ず3つのアイテムはすべて使うようにしましょう。
 
 

プロアクティブが保湿にこだわる理由

 
プロアクティブはニキビケアに有効な成分がたくさん含まれています。
有効成分を毛穴の奥までしっかり届ける「スマートターゲットテクノロジー」を採用しているので、ニキビができにくくし、健康で生き生きとしたお肌に整えてくれるのです。
 
しかし、ニキビケアだけの有効成分が含まれているわけではありません。
ニキビだけでなく乾燥などの肌トラブルに対応するべく、天然由来の植物成分を何種類もバランスよく配合しています。
 
 
そもそも保湿不足からニキビにつながることも多いので、プロアクティブではしっかりと保湿をすることにも重点を置いているのです。
 

「皮脂が多いからニキビができやすい」と考える人にとって、ニキビ肌への保湿はマイナスになると思われるかも知れません。
 
確かに顔がテカるほどの皮脂はニキビの原因のひとつですが、それはあくまで過剰に分泌された余分な皮脂の話。
 
健康的な肌を保つために皮脂は重要なのです。
むしろ、皮脂が健康的な肌にしてくれているとも言えます。
 
皮脂をすべて洗い流さず、必要な皮脂は残して保護するように保湿するからこそ、ニキビケアできるのです。
 
 

icon52 保湿がニキビの原因じゃなかった!

もともとオイリー肌の私は、いつも皮脂のベタつきで悩んでいました。 「保湿=ベタつき」というイメージが強くて、保湿をすると皮脂の分泌が促されてニキビの原因となると考えていたんです。
 
なので、皮脂をしっかり洗い流して保湿しないほうが、お肌がサラサラになってニキビ予防ができると信じていました。
 
でも、それは大きな間違いだったんですね! 皮脂を洗い流し過ぎるとお肌の乾燥が進んで、ニキビができやすくなるなんてショックでした。 今までやってきたことが、全くの逆効果だったなんて!
 
もう間違った努力をしないように、保湿ケアについて徹底リサーチ! ニキビケアをしながら保湿しやすいプロアクティブのセットを、思い切って購入してみました。
 
使ってみて分かったのは、皮脂のベタつき感と潤いお肌のしっとり感は全くの別物だったこと。 手にひっつく感じではなく、優しく吸い付く感じになるんです! しかも、時間がたってもずっと潤っている感じ。プロアクティブの天然保湿成分ってすごいんですね。
 
ずっと気になっていた、おでこや鼻まわりのニキビも目立たなくなって大満足です。もう絶対に保湿をバカにしたりしません。
 
 

よく読まれている記事

 
プロアクティブの効果と口コミ