MENU

プロアクティブ+ 思春期ニキビ

思春期ニキビに効果的な洗顔方法とは

プロアクティブ 思春期ニキビ

思春期になると色々な悩みが増えてきますが、ニキビもその一つでは無いでしょうか。 ある日突然、顔に赤いニキビがブツブツできて、どんどんと増えていってします。

よく「ニキビは清潔にしていれば大丈夫」と言う話を耳にしますが、これって「不潔だからニキビが出来る」と逆説的に言われているようで、ニキビのある人はショックです。 勿論、清潔である事に越した事はありませんが、思春期ニキビは、この時期独特の問題を抱えているので、ケアも大人ニキビとは別の注意が必要となります。

思春期ニキビの主な原因
  • 過剰な皮脂分泌
  • 紫外線の影響
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス


思春期ニキビの特徴は、ホルモンの影響で皮脂分泌物が多いのが原因です。皮脂が毛穴に詰まるのをきっかけにニキビとなります。 特に紫外線の強い時期は肌を守る為に肌の角質が硬くなりますが、これはニキビにとって大敵です。 野外の部活等で日に焼ける機会が多い人は、日焼け止めを頻繁に塗るなどして対処しましょう。

また、洗顔を丁寧におこなうのは良い事ですが、やり過ぎは禁物です。 皮脂は肌を守る自然のバリヤーです。これを強い洗顔フォームでゴシゴシ擦って洗顔すると、却って肌を傷めてしましまいニキビにも逆効果となります。

説明書どおりの使い方で朝と夜、一日二回優しくプロアクティブ+の洗顔フォームで洗いましょう。 昼間、汗をかいて洗いたくなったら、水でサッと洗うだけでも大丈夫です。

勿論、中々ニキビが直らない場合は、皮膚科に行く必要もあると思います。 まずは、日焼け止めを塗って肌を守る、洗顔をやり過ぎない、この二点に注意して対処してみて下さい。

ニキビができやすい10代の肌

ニキビができやすい10代の肌

顔全体に広がって出来やすい10代のニキビ。 その原因は過剰な皮脂分泌や食生活の乱れのほか、 乳液やファンデーションなど化粧品の油分が原因になることもあります。

そこで肌の乾燥が気になるとき以外は乳液やクリームの使用はできるだけ控えるのもひとつの方法です。

スキンケアをセットで使うときは「全部説明書通りに使わなきゃ!」と思いがちですが、 肌の状態に合わせて油分をコントロールすることは悪いことではありません。

もちろん、商品の持つ効果をフルに発揮するという意味ではすべて使うのがベストですが、 使うことで悪影響になる場合は使用を控えた方がいい場合もあります。

乳液やクリームを控えたスキンケアを行う場合は、どうしてもカサつく場合はその部分だけ乳液などを塗るようにします。

同時にメイクをするときはファンデーションの使用をなるべく避け、使うときはパウダータイプのファンデーションを選ぶようにすると効果的です。

ユーザーの声 母からプレゼントされたプロアクティブ+

高校に入った頃からTゾーンを中心にニキビができはじめました。

部活を頑張っていたこともあって美容に関心のなかった私は、「どうせすぐ治るだろう」と放置していました。 すると最初はひとつだったニキビが、急にたくさんできるようになり焦りました。

その後は母が使っている高そうな洗顔フォームをこっそり使ってみたり、 雑誌のニキビ特集を見て対策をマネしたりしたものの効果なし。

どんどんニキビの範囲が広がっていく私を見かねて、 母が「毎日ニキビ用のスキンケアでお手入れしなさい!」とプロアクティブ+をプレゼントしてくれました。

最初はまともにスキンケアをしたことがなかったので面倒に思ったのですが、 やってみるとプロアクティブ+は朝と夜だけのケアなので簡単でした。

これを機にニキビケアに目覚めた私は、部活のときは必ず日焼け止めを使ったり、 ファストフードを控える努力をしてニキビを改善することができました。

ニキビの悩みにプロアクティブ!

3ステップセット(薬用)
プロアクティブ+の3ステップセット
プロアクティブ+公式サイト


©プロアクティブ+の効果を検証
ブラシ付きセットでニキビを防ぐポイント