本気ではじめるニキビケア
トップページ > ニキビの基礎知識 > ニキビと紫外線の関係とは?ニキビ肌のための紫外線対策

ニキビと紫外線の関係とは?ニキビ肌のための紫外線対策

ニキビと紫外線

 

紫外線というと女性を悩ませるシミの原因として有名ですよね。でも実は紫外線はシミだけでなく、ニキビとも関係があるのです。
 
まずニキビができる原因には皮脂の過剰分泌と古い角質があげられます。
紫外線を浴び続けるとバリア機能を破壊し、肌を乾燥させてしまいます。
 
乾燥を感じた肌は皮脂を過剰に分泌させ、ターンオーバーも乱れて古い角質が蓄積されていきます。
そうすると、毛穴に皮脂が詰まり古い角質がふたをしてしまいニキビができあがります。
 
さらに、紫外線を浴びることで老化の原因にもなる活性酵素が発生します。
活性酵素はターンオーバーを乱れさせるだけでなく、皮脂を酸化させてしまいます。
酸化した皮脂はより毛穴に詰まりやすくなってしまうので、よりニキビができやすい状態になってしまうのです。
 

ニキビは紫外線を浴びると悪化する?

 
このようにしてできたニキビに紫外線を浴びさせてしまうと、今度はニキビが悪化していきます。
 
ニキビができている部分はその炎症が刺激となり、シミのもととなるメラニンが生成されてしまいます。
 
それがニキビ跡になってしまうのですが、ニキビができた状態で紫外線を浴びるとよりメラニンの生成が促されてニキビ跡・シミができやすくなってしまいます。
 
関連ページ:ニキビ跡ができる原因とタイプ別対処方法
 
また、ニキビの原因にはアクネ菌も関係しているのですが、紫外線はこのアクネ菌も増やすと言われています。
つまり紫外線はニキビの原因となるだけでなく、できてしまったニキビを悪化させてしまう原因にもなるのです。
 
なので、ニキビができてしまわないようにする・できたニキビを悪化させないようにするためには毎日の紫外線対策が必要になります。
 
しかしニキビができやすい肌や、ニキビができてしまった肌には日焼け止めもニキビを悪化させる原因となることがあります。
 

肌への負担が少ない日焼け止めがおすすめ

 
ニキビのための紫外線対策として選んで欲しいのは肌への負担が少ないものです。
まずはSPFやPAという数値が低めのものを選んで下さい。
 
数値が高いと紫外線への対策にはなるのですが、肌負担も大きくなるというデメリットがあります。
 
日常生活の日焼けをカバーできる程度のSPF30・PA+++以下のものを使用するのがおすすめです。
そして、紫外線吸着剤不使用・オイルフリー・無添加というのもポイントになります。
 
肌に負担をかけずに適切な日焼け対策をしてニキビができないように、ニキビが悪化しないようにしてみてください。