本気ではじめるニキビケア
トップページ > ニキビケア > コンビニ食はニキビになりやすい?コンビニで買えるニキビ対策におすすめの食べ物まとめ

コンビニ食はニキビになりやすい?コンビニで買えるニキビ対策におすすめの食べ物まとめ

コンビニの外観
 
「コンビニ食ばかり食べているとニキビができやすい」そんな話を聞いたことはありませんか?
 
ニキビの原因になるのは、ストレスや睡眠不足など様々な要因が考えられますが、なかでも食生活というものが大きな要因を占めております。
 
特に糖分や油分の多い食生活はニキビの原因を増やしてしまいます。
 
そのため、できれば自炊して野菜や魚を中心としたバランスの良い食事を摂るのが理想ですが、
 
仕事などで忙しいときはどうしても手軽なコンビニ食に頼ってしまうことも多いですよね。
 
そこで、コンビニ食を食べてもニキビを作らないためのコツや、コンビニで買えるニキビ対策に効果的なおすすめ食品などを紹介します。
 
 

コンビニ弁当を食べるとニキビができやすくなる理由

コンビニ弁当もどんなものを選ぶかによってくる場合もありますが、一番の理由は油分や糖分を多く摂取してしまうことがニキビができることにつながる原因です。
 
特にコンビニ弁当は野菜や海藻類などが少なく、揚げ物や炭水化物など、カロリーの高いものが中心になっているケースが多いです。
 
そのため、何気なくコンビニ弁当を選んで食べていると、糖分や油分の過剰摂取となってしまい、栄養バランスが偏ることでニキビができやすくなります。
 
また、コンビニ弁当は味付けが濃いものが多いです。
 
塩分を摂り過ぎると体内のナトリウムの量が増えるため、細胞の水分を奪ってしまいます。その結果、肌の乾燥が起こりニキビの原因になります。
 
 

コンビニ食でニキビを作らないためには?

コンビニ食でニキビを作らないためには、食材をバランスよく組み合わせて選択するということが大切になってきます。
 
コンビニ弁当1つで完結させるのではなく、副菜など、野菜類を意識してお弁当に1品足してみたり、カロリーの低いものを選んでみたりと工夫をすることが必要です。
 
また、糖分や油分の過剰摂取を避けるために、パスタやご飯類の単品だけでなく、なるべくたくさんの品目が使用されている幕ノ内弁当のようなものを選択するなど、お弁当の種類を選ぶ工夫も重要です。
 
 
でも、レジ横に置かれているホットスナックなど、ついつい食べたくなりますよね。
 
本当は味付けの濃いもの、揚げてある油分の多いものは避けたほうが無難です。
 
「どうしても食べたい!」というときは、海藻サラダや豆サラダなどの食物繊維が豊富なものを副菜に加えると良いです。
 
食物繊維には脂肪の吸収を抑制する働きがあるため、油分の過剰摂取を防ぐことができます。
 
 

コンビニ弁当で栄養の偏りを防ぐコツ

コンビニ弁当を選ぶ場合、つい好物を選んでしまって栄養が偏ってしまうことはないでしょうか?
 
そんな方におすすめしたいのが、1週間の大まかな食事の予定を先に決めてしまうという方法です。
 
1週間のうち2日を好物の日、1日を魚中心の食事の日、2日を野菜中心の食事の日と決めて、同じものを食べる日が続かないようにします。
 

月曜日好物
火曜日野菜
水曜日
木曜日好物
金曜日野菜
 
このようなローテーションを組むことによって、好物ばかりを食べる場合と比べて、ニキビは改善されるでしょう。
 
 

コンビニで買えるニキビに良い食べ物

コンビニで買えるニキビにいい食事としてあげられるのは、和食を中心とした食事です。
 
コンビニでも和食に使用されるような食材が多々置いておりますので、それを中心に選んでいくとわかりやすいと思います。
 
たとえば、お惣菜の中でも煮物や焼き魚などの食材や、納豆や豆腐などの豆類、海藻類を多く使用したサラダなど、そういったものがニキビ対策として効果的です。
 
これらをバランスよく摂るための、おすすめの食材を紹介します
 

豆腐や豆類が入ったサラダ

ニキビ対策として、主菜と組合わせて食べておきたいのが「豆腐や豆類が入ったサラダ」です。
 
野菜には美肌に良いとされる栄養素が豊富です。サラダはトマト、レタス、キャベツ、アボカドなどビタミンや食物繊維が手軽に摂れます。
 
豆類にはイソフラボンが豊富に含まれています。イソフラボンは皮脂の分泌を減らす役目をします。コレステロールが少ないのも嬉しいポイントです。
 
 

サラダチキン

ニキビや肌荒れを意識するなら肉類は揚げ物などを選ぶのではなく、ささみなどの油分がすくない部位のお肉で、かつ調理方法も油が落ちやすい蒸しているものなどを選ぶのが効果的です。
 
そこでおすすめしたい食材が「サラダチキン」です。
 
鶏胸肉を蒸して薄味がついたもので、今ではどこのコンビニにも大抵おいてあります。
 
鶏胸肉にはたんぱく質が多く含まれています。人間の筋肉や肌を作るすべての土台となるのがタンパク質です。カロリーを気にしてお肉を摂らないという女性が増えていますが、それは肌にとって良いとは言えません。
 
タンパク質をきちんと摂ることで、アミノ酸の供給量を増やすと、ターンオーバーも促進されます。また、鶏胸肉は高たんぱく低カロリーなので女性には嬉しい食材です。
 
 

青魚の缶詰

コンビニ食のニキビ対策としておすすめなのが青魚の缶詰。
 
サバやニシンなど青魚に多く含まれる「オメガ3脂肪酸」も肌を整える効果があり、こちらもニキビケアとしてお勧めです。缶詰や調理済みのサバの塩焼きなどは、どのコンビニでも見かけるようになりました。
 
 

納豆などの発酵食品

発酵食品には腸内の環境を整える効果があります。腸内が不健康な時はニキビが増えたり、肌が荒れるなどの悪影響が出ます。
 
納豆やキムチ、ヨーグルトなどはコンビニの定番商品で種類も豊富です。
 
 
上記のほかにも冷凍のお野菜、栄養バランスに配慮したドリンク類なども豊富に取り揃えてありますので、そこから選んで何種類か組み合わせてバランスよく食べることがニキビ対策に効果的です。
 
 

よく読まれている記事

 
ニキビケア化粧水おすすめランキング