本気ではじめるニキビケア
トップページ > ニキビケア化粧品のレビュー > リプロスキン > リプロスキンのニキビ跡への効果は?有効成分を徹底解析

リプロスキンのニキビ跡への効果は?有効成分を徹底解析

 

 
リプロスキンは、ニキビやニキビ跡の残った肌のために考えられて作られた、ブースタータイプの化粧水です。

有効成分として、グリチルリチン酸ジカリウムと、水溶性プラセンタエキスが配合されています。
 
ニキビはもともと肌に存在している、アクネ菌の増殖によって起こります。
ニキビはアクネ菌が毛穴の中で炎症を起こしている状態なので、ニキビを改善するには炎症を鎮める必要があるのです。
 
そこで役立つのが、グリチルリチン酸ジカリウム。グリチルリチン酸ジカリウムは甘草とよばれる植物に由来する成分で、炎症を鎮める効果に優れています。そのため、すでに赤みを帯び炎症を起こしているニキビにも有効です。
 
>>リプロスキンのレビューはこちら
 
 

リプロスキンで得られる様々な美肌効果とは

 

水溶性プラセンタエキスは、ニキビの改善だけでなく、保湿や美白効果も期待できる万能成分です。
プラセンタにはアクネ菌の活動を弱める働きがあるため、ニキビができにくい肌の土台を作ってくれます。
 
グリチルリチン酸ジカリウムと同様、抗炎症作用もあるのでニキビの予防と改善に貢献してくれるのが特徴です。
また、プラセンタは角質層にある天然保湿成分の原料となるため、肌の水分量もアップさせる効果もあります。
 
水分量が上がれば同時に肌のバリア機能も高まり、刺激を受けにくくなるのでニキビの予防にもつながります。
プラセンタは、メラニンが過剰に生成されるのをブロックする効果も。
 
メラニンは日光などのダメージを受けると体内で生成され、それがシミへと変化します。プラセンタを補給することでメラニンの量も抑えられるため、シミを予防したい人にもうってつけです。
 
このようにリプロスキンは、ニキビケアだけでなく美肌効果も得られるのも魅力となっています。
 
ただし、いくらいい成分が配合されていても、成分の粒子が大きければ肌のバリア機能によって浸透を妨げられてしまうため、肌の奥まで成分を届けることはできません。
 
そこでリプロスキンは、ナノBテクノロジー3.0を採用しています。100ナノ以下と粒子を極限まで小さくすることに成功しているので、有効成分をしっかりと奥深くまで浸透させられます。
 
公式サイトではお得な値段で購入することができ、返金保証もあるので安心です。