minasic.com
トップページ > ニキビケア化粧品のレビュー > プロアクティブ > 顎のラインにできた気になるニキビにプロアクティブ

顎のラインにできた気になるニキビにプロアクティブ

顎のラインにできたニキビが目立って気になる
 
そもそも、ニキビができるようになった時期は、ちょうど初潮を迎えて、ホルモンバランスが乱れ始めた中学2年生になった頃でした。
 
最初は、おでこや小鼻といったTゾーンにニキビができはじめましたが、徐々にその範囲が広がっていき、最後には、顎のラインまでニキビが出来てしまいました。
 
当時は、思春期真っ只中であったため、何とかしたい思いで、自己流の間違ったお手入れをしたり、洗顔しすぎてしまい、常に私のニキビ肌の状態は、最悪なものでした。
 
顎のラインのニキビは目立つので、人に気持ち悪がられないかということを思い悩んでいただけでなく、異性からの目が気になって仕方ありませんでした。
 
そして、近くの皮膚科で処方してもらった塗り薬や洗顔料を使用してみたものの、私のニキビは、一向に改善される気配がありませんでした。
 

当時はそれほど有名ではなかったプロアクティブ

 
もう為す術はないのかと半ば諦めかけていたとき、偶然にも、母親の知人がプロアクティブのことを教えてくれました。じつは、その方の娘さんも、ニキビに悩まされていたそうなのですが、プロアクティブを使用するようになって随分と効果があったといったお話を聞いたのが、私がプロアクティブを知ったきっかけでした。
 
私は、藁にもすがる思いで、その方を通じて、プロアクティブを購入することにしました。
 
当時は、まだプロアクティブは今のように知られる存在ではなく、コマーシャルもされておらず、また薬局などで市販されていませんでした。
 
ですので、私は一か八か、最後の賭けに出ることに決めました。何の根拠もなく、知識もなく、さらには国産商品ではなかったので、不安もありました。
 
お値段もそこそこしましたが、両親も私の気持ちを汲んで、購入することを快く承諾してくれました。
 

マイルドな香りでニオイが気にならない

 
プロアクティブ(洗顔料)は、とても小さな粒子状のスクラブが入っていて、それがそのまま毛穴の奥の汚れや皮脂腺の中で角栓になってしまいがちな油脂を優しく包みこんでくれるだけでなく、洗い流してくれるところが魅力的でした。
 
香りは、ほのかな微香のシャボンのようで、よくあるキツイ香りや香水が苦手な私でも、全く気になりませんでした。
 
また、泡立てたときの使用感は、まるでマシュマロのようにふわふわしていて、ほとんど怪我のようになってしまっていた私のニキビ肌でもヒリヒリしたり、肌トラブルに見舞われることもありませんでした。
 
とくに、ニキビ肌は洗顔しすぎることで必要以上に潤いが失われてしまい、お肌が乾燥してしまい、さらにニキビが悪化することがあります。
 
私の場合、今あるニキビケアとさらにニキビを出来にくくするケアを同時に行えたので、使い心地もよく、継続していけると実感しました。
 
関連記事:プロアクティブを二ヶ月使った私の口コミ体験レビュー
 
 

顎のラインに新しいニキビができなくなった

プロアクティブを使うようになってからの私の肌の状態には、劇的に良い変化がありました。
 
具体的には、毛穴の黒ずみが少しずつ減っていっただけでなく、顎のラインに新たなニキビが出来なくなっていきました。
 
また、使ってみた感想としても、不要なものはきれいサッパリと洗い流してくれるのに、逆に必要となるうるおいは、お肌にしっかり留めてくれるところがほかにない特長だと感じました。
 
少しずつ自分の肌質が改善されていき、まるで生まれ変わったような、奇跡が起こったような気持ちでいっぱいになり、今では手放せなくなりました。
 

よく読まれている記事